徳島名産野菜の和ピクルス/徳島ぴクルス(エイブルフーズ)

早速ですが、今回ご紹介する阿波ふうどはこちらです!


なんだか食品とは思えないほどにお洒落な見た目のこちら、何だと思いますか? これ、実は徳島の名産野菜を使用したピクルスです。
その名も『徳島ぴクルス』。
製造しているのは徳島市にある有限会社エイブルフーズ。
お弁当や惣菜の製造販売を主な事業とする会社ですが、2015年からこの『徳島ぴクルス』シリーズを展開しています。
社長の井元さんは『徳島ぴクルス』を開発したときのことをこう話します。
「徳島の野菜はおいしい。そのことを日本全国や海外の人々に知ってもらいたいという思いか ら、徳島の名産野菜を使った日持ちする商品を作ろうと動き出しました。それでできたのがこの 『徳島ぴクルス』です」

こだわり野菜の『徳島ぴクルス』

「徳島のおいしい野菜を世界に伝えたい」という当初のコンセプト通り、『徳島ぴクルス』で最もこだわるのは素材となる野菜です。
エコファーマー認定農家など、徳島でこだわりを持って野菜を育てている生産者から厳選して仕 入れています。
なると金時や鳴門れんこんなど、それはどれも自信を持って世界に送り出せる徳島の野菜ばかり。
ではそんなとっておきの野菜を使った『徳島ぴクルス』の作り方を見ていきましょう!


まずは野菜を三角のスティック状にカットしていきます。
『徳島ぴクルス』は手作りの商品。
野菜のカットも全て手作業で行っています。


カット後、一度高温で蒸した野菜を瓶に詰めていきます。
れんこんだけは輪切りです。お洒落!


瓶に野菜をギュウギュウに詰めたら、特製のピクルス液を注いでいきます。
ピクルス液には風味豊かなリンゴ酢と柿酢、鳴門の無添加本みりん、徳島の高級砂糖・和三盆、鳴門の海水塩、天然醸造の醤油が使われています。
野菜の美味しさを生かすために、ピクルス液にもこだわるのが『徳島ぴクルス』です。 最後に瓶ごと高温で処理して、冷ましたら完成!

お酒のお供に、『徳島ぴクルス』

『徳島ぴクルス』は洋風のピクルスとは違い、和風な味わいのピクルスです。
でも、日本酒だけではなくワインやシャンパンにもよく合うのだとか。 実際、東京にある人気ワインバーでは、ワインのおつまみとして『徳島ぴクルス』が出されているそうです。


『徳島ぴクルス』シリーズは、他にも甘~い『濃紅みつキャロット』のピクルスや、ゆで卵のピクルスなど全7種がラインナップ。
開けてしまうのがもったいないほどお洒落なピクルスですが、何日かインテリアとしてお部屋に飾ったら、お酒のお供としていただいてみてくださいね!
最後に残ったピクルス液は、ドレッシングに使ったり、煮物の隠し味に入れたり、いろんな料理に活用できますよ!

「お取り寄せはこちら↓」