確かな目で極める、削り節の世界/海の幸15点乾物詰合せ(花菱商店)

突然ですが、みなさんはダシにこだわるタイプですか?
ダシが美味しいと、料理全てが大きく変わりますよね。
ではそんなダシに欠かせない食材と言えば…

そう、鰹節です。
かつて、包装技術が低く長期保存ができなかった時代には、街中にたくさんの削り節屋さんがありましたが、それも今は昔。
長期保存ができるようになった現代では店舗数は激減しました。
多くの店舗は淘汰され、生き残ったのはごく少数の店舗です。
ですが、そんな中でも生き残った削り節屋さんには、もちろん生き残っただけの理由があります。
それは、削り節の品質に他なりません。
大正13年から現在に至るまで徳島市で削り節屋を営んでいる『花菱商店』も、その類稀な店舗のひとつ。

花菱商店の“目利き”による削り節

花菱商店の3代目である花菱義典さんは、その品質をこう話します。

「削り節屋の能力は“目利き”が全てと言っても過言ではありません。つまり、良い鰹節を見極めること。出来上がった鰹節を目で見て確認し、最高品質の鰹節を仕入れるようにしています」

花菱商店で仕入れる鰹節は主に鹿児島産のもの。
鰹節に向いている脂の少ない鰹で作られています。
他にも花菱商店では、サバ節やアジ節、イワシ節などの節を扱っています。

無添加だしパックで簡単にお店の味

そんな花菱商店の鰹節を使った無添加の『だしパック』がこちら。
ちょうどいい10gの鰹節が小分けになっていて、それを煮出すだけで簡単に美味しいダシをとることができます。

約5分煮出すだけで、この美しい黄金のダシ!!
大げさではなく、このダシだけで、こだわりの料亭の香りが漂ってきます。
本物のダシは香りからして違う…!
花菱商店のだしパックには、先程の赤色のものの他に、黄色、青色、緑色と、4色のだしパックがあります。

赤色だしパックは、シンプルに鰹節のみを使ったもの。
和食全般に使えるオールラウンドプレイヤーです。

黄色のだしパックも鰹節のみですが、『本枯節』と呼ばれる最もグレードが高い鰹節を贅沢に使用しています。
雑味のない上品な味わいのダシがとれるため、おすましなど、ダシの味をじっくり味わいたいときにその実力を最大限発揮してくれます。

そして、青色だしパックはサバ節、アジ節、イワシ節の3つを使っています。
魚のパンチが効いたダシが特徴で、味噌汁など濃い調味料を使う料理にオススメ。

最後に、緑色だしパックには料理の基本となる鰹節と昆布が入っています。
しかも、使用しているのは鰹の本枯節と天然羅臼昆布。
天然羅臼昆布も、昆布の中では最高級品です。
鰹節の王様と昆布の王様を組み合わせた、まさにキングオブだしパックですね。

阿波ふうどECで販売している花菱商店の「海の幸15点乾物詰合せ」にも、この4色のだしパックが含まれています。
確かな目利きで極めたダシの味、ぜひ試してみてください。

 

「お取り寄せはこちら↓」